リスニング

ディクテーションの話しが出たので、リスニング力アップのことを書いてみます。こないだの記事でも書いたように、リスニングに関してはやはり海外在住経験者が圧倒的に有利。それはもう、毎日多量の英語を耳にしますから。一方、日本にいて普通に暮らしていると、日常的に英語を聞くことはないですから、やはり意識的に聞く機会を作らなければいけない。この差は大きいです。

英語のリスニングが苦手という人の「聞き取れない理由」はいくつかあります。知らない単語は聞き取れないですから語彙力が必要ですし、文字で見ればわかるけれど音が聞き取れない場合は、英語の発音への慣れが必要。また、スピードに追いつけないというのは情報処理のスピードが遅いということでもあるので、リーディングの話しで書いたように、英語の語順で理解する癖付けも大切。

でも、ある程度の英語力を既に身につけている人がネイティブとの会話で相手の英語が聞き取れないというなら、正直これは数をこなしてネイティブ発音に慣れるしかないと思います。

実は私自身、英会話スクールで講師として働き始めた後も、同僚の外国人の英語が聞き取れなくて苦労しました。何年か経ってようやく早口の英語も聞き取れるようになりましたが、それまでは自分のリスニング力のなさに落ち込むこともしょっちゅう。TOEICで900点台を取れても、ネイティブ英語の聞き取りは難しいのです。根気よく続けていくしかないと思います。ガッカリさせてごめんなさい。魔法のような学習法があればいいんですけど!



わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000