英語を学ぶから英語で学ぶへ

 2年次の授業はそれまでとは全く違ったスタイル。1年次の授業が「英語のスキルを上げる」ための基礎固めだとしたら、ここからは応用編です。「英語を手段として何かを学ぶ」「英語で何かを伝える」というスタイル。授業の内容も、「英語を学ぶ」授業ではなく、「英語で学ぶ」授業。
 色んなトピックのクラスの中から、興味のあるものを選んで履修します。そしてそれぞれのクラスでレポートを提出して、それにより単位が認定されます。トピックは本当に様々。私が選んだのは、方言学や中東問題、女性学のクラスなどでした。日本人の先生のクラスもあれば外国人教師のクラスもあり、授業の進め方も先生により様々。ディベートしたり、ディスカッションしたり、英語で文献を読んだり。共通しているのは、授業内で使う言語は英語が基本であること。そして授業の目的はあくまでトピックに関する知識や理解を深めることで、英語学習が目的ではないということ。

 英語で資料や文献を読み、英語で議論し、英語でレポートを書く。それが出来るようにするために、1年次に読解や文法、エッセイの書き方、英語でのコミュニケーションなどを学んだわけです。英語が出来るようになって良しとするのではなく、英語で何を伝えるか、何を学ぶか、その中身が大切。でも、そういうスタンスを取ることで、結果として英語力も上がり、英語の運用能力もついたんじゃないかと思います。

 短大時代に学んだことはとても大きかったなと、今振り返ってみても思いますが、それは英語力を身につけられたという事だけでなく、「英語というのはコミュニケーションの手段である」という考えが自分の中に浸透したという点でも、その後の自分の学習方針に大きく影響しました。また、学習に取り組む姿勢や、コミュニケーションのスタイル等にも影響がありました。日本で英語を学んできたにも関わらず、その後たびたび「帰国子女っぽい」と人から言われた所以はここにありと思います。

 もしも今、英語学習に行き詰まりを感じている人がいたら、少し「英語を勉強する」から離れてみてはどうかと思います。もしかして、「学習そのものが目的」になってたりしませんか?その先にあるものを忘れてたりしませんか?学習そのものからちょっと離れて、好きな洋楽を聴いてみたり、英語の本を読んでみたり、海外の文化に触れてみたり。英語を通して何かに触れることをしてみるんです。そうしたらきっと、「この歌の歌詞を理解したい」とか、「この話の続きを読みたい」とか、自分の心が動くはず。自分の中の「もっと知りたい」という気持ちや、わくわくする気持ちに従って進んでいけば、それと一緒に英語の力もきっと上がっていくと思います。

 英語を習得することは目的ではないんです。英語を習得するために勉強するわけではないんです。その向こうに広がる可能性があるんです。そのために英語を学ぶんです。海外のニュースを英語で読む。外国人の友人を作る。外国の文化を体験したり、日本のことを伝えていく。英語で学び、英語で伝える。それが大事なのだと思います。


わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000