グローバルに通じる英語

大学卒業後、英会話スクールで働いていた時は、周りに外国人がたくさんいたので英語を話す機会はたくさんありました。もちろん言葉に詰まることも多々あり、自分の英会話力に自信を持てる!とは言えませんでしたが、それでも「そこそこには出来る」と思っていました。先日の記事に書いた通り、発音が良かったのと流暢さはありましたから、ネイティブの同僚に"Where did you study English?"ときかれて"In Japan"と答えると驚かれることも度々でした。

この頃の私の英語はアメリカっぽかったようで、Have you ever lived in the U.S.?ときかれたり、とにかく北米で習得した英語に聞こえたようです。大学で学んだ英語がアメリカ英語だったのが影響していたのだと思います。音声学もアメリカ発音でしたから。しかし不思議な事に、それから数年程経った頃だったか、ある時を境に、Have you lived in England?ときかれることが増えました。いつの間にかイギリス寄りになっていったよう。

おそらくこれは一緒に仕事をした同僚の影響もあるのかなと思っています。仕事をするようになって、アメリカ英語だけでなく、イギリス、オーストラリアなど様々な英語に触れるようになり、自然と影響を受けていったのではないかなと思います。結果として、これといったアクセントのないニュートラルな英語になったのではないかと思います。

今や英語は色んな国の人によって話されているわけですから、どこの国の英語かということに拘る必要もないかと思います。アメリカに留学すればアメリカ英語を自然と吸収することになるだろうと思いますが、日本で学ぶとなれば、アメリカ英語、イギリス英語と拘らずに、色んな英語に触れてみればいいとも思います。日本の場合、テキストの英語はアメリカ寄りの物が多いと思うので、結局はアメリカ英語を学ぶことになるのかもしれませんが、コミュニケーションを取る相手は必ずしもアメリカ人とは限らないので、最終的には色んな英語に触れることが大事になってくるんじゃないでしょうか。目指すべきは「どこに行っても通用する英語」かと思います。

ちなみに、いつの間にかイギリスっぽいと言われるようになった私の英語ですが、決して「明らかなブリティッシュ・イングリッシュ」なわけではありません。なぜアメリカっぽく聞こえなくなったのかなぁと、同僚に言ったら、「クリアに発音するから、イギリスっぽい感じがするのかも」と言われました。さらに、別の同僚には「文法が正しいからだ」とも(笑)

確かに、一般的なアメリカ人の英語に比べると、発音も文法も、私の英語はあまり砕けた感じがしない。そのせいか、講師時代は多くの生徒から「先生の英語は聞きやすい」と言われました。多分きちっと感のある優等生的な英語なのかもしれません。それ故にイギリスっぽいのかも。でも、イギリス人が聞くと、イギリス英語じゃないって言われると思うんですけど(笑)

さて、最初はアメリカっぽくてその後イギリスっぽいと言われるようになった私の英語。それからしばらくして、外国人の同僚に「私の英語、どこで習得したように聞こえる?」と聞いてみたところ、「うーん、君の英語はどこのかわかんないなぁ」と言われました。ある意味これが1番正解ですね(笑)それ以降は、「どこの英語か」というようなことは全く言われなくなりました。正直どうでもいいことですよね。ちゃんと通用する英語であれば、それでいいわけです。

アメリカ英語、イギリス英語というのではなく、グローバルに通じる英語。私たち日本人が目指すべきは、そこではないかと私は思います。

わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000