会話の流暢さを上げるコツ

お久しぶりです。前回の記事から随分と時間が空いてしまいました。今日は会話の流暢さを上げるコツについて書いてみたいと思います。

前の記事にも書いた通り、「発音」と「流暢さ」が、私の英語がそれらしく聞こえた理由でした。そんなに大した事を言ってなかったんですが(笑)、この2つが出来ると「英語が話せる人」のように聞こえるんですよね。

さて、「流暢さ」って何なのかというと、「会話を途切れさせずに、流れるように話していく」ということと定義しておきましょう。正確さは二の次で、とにかく話し続けることとも言えるかもしれません。理想は正しい英語でスラスラ話せることですが、最初から完璧を求めると挫折しますから、まずは話の流れを途切れさせないということは大事ですね。

この流暢さを身につけるには、もちろん「場数を踏んで練習する」ということも大事なのですが、それに加えてちょっとしたコツも必要なのです。それを今からご紹介しますね。

私自身もそうでしたが、英語での会話に慣れない頃は、語彙力も表現力も限られています。単語が出て来ないということが多々あるわけです。こういうことを伝えたいというのはあるのだけれど、それを表す単語や表現を知らないわけです。そうすると会話はそこでストップします。沈黙が続きます。

それを失くすためにはどうしたらいいでしょうか?単語やイディオムをもっと覚えて語彙力・表現力をアップする?それも大切ですね。でも、そうすると覚えるべき英単語は膨大にあって、いつまでたっても会話がスムーズに進まない。

私は、そういう時に大切なのは「上手な逃げ方」だと思うのです。言い方を変えれば「ごまかし方」。良いように言えば「柔軟さ」。私はその事に気付いてちょっとしたコツをつかんでから、英語でのコミュニケーションが随分と楽になりました。もちろんそれで切り抜けられないこともあるんですが、会話の流暢さが随分と上がったのは事実です。

どういう事かというと、とにかく「自分の知っている単語を使って表現する」ことに徹するのです。ある意味当たり前のことなのですが、これが最初はなかなか出来ないのです。多くの場合、日本語で浮かんだことを英語に直して話そうとするので、その変換の過程で「これは英語で言えない」と行き詰まります。

英会話講師をしていた時にも、よく生徒から"How do you say ... in English?"と聞かれました。「通勤の時に英語学習する」「小学生の時にピアノを習っていた」そんな話しをしようとして、「通勤」って何て言うんだ?「小学生の時」はどう言えばいいんだっけ。でも、commuteとかelementary schoolという単語が出てこない。そんな時はもうちょっと柔軟に、「要はどういう事を伝えたいのか」と考えてみれば、例えば通勤の電車の中で勉強するんだったらon the trainと言ってしまったっていいし、in the moring、とかwhen I go to work とか、色々と言い様はあります。「小学生の頃」と言うのだって、when I was a childとかwhen I was littleとかでも言いたい事は通じます。こういう逃げ方や柔軟さがあると英会話は上達します。逆に、「どうしてもこう言いたい」とこだわってしまうとなかなか話せるようになりません。

これと同じことがこちらの本に詳しく書いてあります。

わざわざ本になって、しかも売れているということは、このことを知らない人がたくさんいるという事ですね。でも、英語が話せる人は普通に実践していることです。当たり前にやっているので、敢えて意識していないのだと思います。でも、話すのが苦手な人はこれが上手く出来ず、そして多くの日本人は真面目で、自分の英語に自信がなくて、「『通勤』って単語が出てこない、私の英語はやっぱりまだまだ。」と思ってしまう。そして、「自分は英語が話せない」と思う。もっといい加減になってもいいから、とにかく知っている単語、簡単な単語で伝えればいいのです。それで流暢さは格段に上がります。そして、それが出来るようになったら、次の段階、「もっとこなれた表現を!」というところに上がっていけばいい。私はそうやって、スピーキング力を上げていきました。




わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000