聞き取りができない理由

日本人学習者にはリスニングが苦手という人が多いですよね。学校の授業であまりリスニングをやってこなかったという人は、特に苦手意識が強いようです。TOEICのリスニングなんかも、「一度しか聞けない」と思うと緊張するし、聞かなきゃと思うとかえって聞けなかったりして。実は私も、試験のリスニングではやっぱり緊張します。通訳ではなく翻訳家を目指すのも、聞き取りに自信が持てないというのが、理由の1つだったりします。

通訳レベルの聞き取りは自信ありませんが、TOEICでは満点、もしくは満点に近い聞き取りが出来るようになっているので、私なりのリスニングのコツをちょっと書いてみようと思います。

そもそも、リスニングができない理由って何なのか?と考えることから始めてみようと思います。思いつくことをざっとあげてみましょう。

1. 語彙力の問題
知らない単語は聞き取れません。聞けても意味はわかりません。さらにはイディオムや定型表現というのもあります。語彙力もリスニングに影響を与えます!

2. 発音の問題
知ってる単語でも聞き取れない時があります。正しい発音を知らなかったり、ネイティブの発音に慣れてなかったりするためです。スクリプト見たらわかるのに聞き取れないという場合はこれが原因です。ゆっくり発音されれば聞けるけど速いと聞けないということもあります。これもやはり、「速く話された時の英語の発音が聞き取れない」ということ。また、不明瞭な発音や、モゴモゴ喋られたり、訛りが強かったりするのも発音の問題です。

3. スピードの問題
リーディングであれば読み返す、ゆっくり読んでみる、ということも出来ますが、リスニングはそうもいきません。どんどん次に進んでいきます。そうすると、情報処理のスピードが追いつかなくなってくるのです。
「スピードについていけない」というのは、速くて聞き取れないというのと、情報処理スピードが追いつかないのと両立がありますが、前者の場合は音が拾えないということなので、発音の問題と言えます。なので、ここでは「情報処理スピード」と捉えましょう。

ザクッと分けると上の3つかなと思います。自分の場合は何が原因だろうかと考えてみると、どう対策すれば良いかが見えてきます。大抵は全部が入り混じってるのですが、特に何が大きいかなと考えてみると取り組み方が見えてきそうです。

自分の英語のレベルや、何を聞き取りたいかでも取り組みポイントは変わってきます。その時々でも原因は変わります。英検のリスニングだったら、難しい語彙がわからない、内容が難しくて情報処理のスピードが追いつかないということだったりします。海外ドラマだったら、スラング表現がわからない、発音が聞き取り難いということだったりします。

リスニングはたくさんこなすことが大事ですが、ちょっとこうやって分析してみると、自分の苦手ポイントがわかってスッキリするかもしれません!そして、リスニング力をアップするために何をすればいいかというと、上に書いたポイントに取り組めばいいわけです。色んなアプローチの仕方があると思いますが、具体的にどんな方法があるかを次回の記事で考えてみようと思います。

わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000