英語の基礎トレ方法

先日の記事で書いた基礎トレについてもう少し詳しく書いてみます。大まかな流れといくつかの注意事項の確認です。基本の流れなので、色々とアレンジすることも可能です。

①スクリプトを見ずにリスニング。大意を取ります。どれだけ内容を理解できるかのチェックでもあります。1回でわからなければ、2、3回聞き返してもオッケー。

この後にオプションとしてディクテーションをするのも良いです。精聴のトレーニングになります。

②スクリプトを確認します。特に、聞き取れなかったパートをしっかりチェック。それから、スクリプトを見ながら再度音声を聞きます。特に、発音に意識を向けましょう。子音が脱落していたり、音が連結していたりという部分に特に注意。発音が聞き取れないのはこういったことが原因なので、カタカナ英語を手放して、実際にどう発音されているかにしっかり意識を向けたいところ。

③発音を確認したらいよいよ音読です。出来れば音声をかけながら一緒に読み上げるオーバーラッピングがお勧め。②で確認した発音を再現出来るように頑張りたいところ。最初から上手には出来ないと思うので、何度も練習して徐々に言えるようにしていけばオッケー。

④オーバーラッピングが出来たら次はシャドーイングに挑戦します。スクリプトは
見ずに、音声だけを頼りに再現出来るようにトライします。オーバーラッピングが音声と同時に読むのに対して、シャドーイングはちょっと遅れて追いかけるように。聞こえた音を繰り返す感じです。完璧に出来る必要はないので、回を重ねるごとに良くなっていけば良いです。

スクリプトを見ながら音読すると、文字に意識が向いてしまって音をちゃんと聞かなくなりがちなんですが、音声だけを頼りにシャドーイングをすると、意識が音にしっかり向きます。なので、トレーニングの中にシャドーイングを入れるのはとても重要と私は思っています。ある程度力のある人は、オーバーラッピングをせずにシャドーイングに挑戦するのもありだと思います。私は時々そうします。そうすると手順③と④が逆になる感じです。

何度も練習する中で、上手く言えないパートや発音に自信がない部分など、もう一度手順②に戻って音声を確認したり、オーバーラッピング、シャドーイングを行ったり来たりします。とにかく何度も繰り返して練習することが大事。2,3回やっておしまいだと、あまり力がつかないと思います。

⑤音声なしにテキストを見ながら、音読してみます。発音ちゃんと再現出来るでしょうか。出来れば臨場感たっぷりに、ナレーターになったつもりでチャレンジです!

⑥最後に、練習した音源をスクリプトを見ずにリスニングしてみます。最初に聞いた時よりも内容が頭に入ってくるはず。これで一応トレーニングはフィニッシュ!

さて、ここでちょっと追記です。音読する英文の意味チェックはいつするのか?これには2パターンのやり方があって、ひとつにはスクリプトを確認すると同時に意味もチェックするパターン。もうひとつは、何度か音読をして発音に慣れたところで意味の確認をするパターン。どちらもアリなので、自分にとってしっくりくる方法を取れば良いと思います。

ただ、実際に音読をしてみると、最初は発音やスピードに気を取られて、内容にまで意識が向かないことが多いです。なので、音に慣らしてから意味を意識するようにする方がスムーズに行くと思います。最終的に、メッセージを伝えるように気持ちを込めて音読できれば、かなり完成度の高い練習になると思います。ぜひ実践してみて下さい!




わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000