音読はしつこい位に繰り返す

多読・多聴は少しやさしめの物でする。この「やさしめの物をたくさん」インプットすることは、アウトプット力のアップに効果があります。大抵の場合、聞いて理解できる、読んで理解できるものと、自分が実際に使えるものとの間には大きな差があります。特に日本人はそう。わかるんだけど、スピーキングでは出てこないということが多い。語彙や文法の知識はたくさんあっても、使える程には理解できてなかったり定着してなかったりします。

スピーキング力を上げるには、自分のスピーキングのレベルに近い素材でたっぷりインプットし、音読やシャドーイングなどのトレーニングで口慣らしする。できれば暗誦する位がいい。その上で、会話を実践練習する機会を少しでも持てたらベスト。そういうやさしめの物を使っての学習に物足りなさを感じる人もいるでしょうが、そこは「会話のための練習」と割り切ってやれば違う気持ちで取り組めるかもしれません。

実際、私のスピーキング力が上がったのは、講師時代にレッスンで繰り返し初級・中級レベルの英語に触れ、使うことをしてきたのも大きかったと思っています。レッスンを教えるために繰り返し同じものを聞き、音読し、さらにレッスン内でも練習します。同じクラスを何度も教えるので、文章は自然に暗記してしまいます。数年たっていまだに覚えている位です(笑)そうして覚えた単語は、会話の際にもスルッと出てきます。自分にとっての「使える語彙・表現・文法」になっているんです。

「少しやさしめの内容で、しつこい位に繰り返し練習する」というのが、上達の秘訣ではないかと思います。

わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000