効果のあった単語学習法

語彙力アップは私にとって永遠のテーマです。一番苦手と言ってもいい。英検1級も取りましたが、語彙問題は全く歯が立たない。そろそろホントに何とかしたいと、去年位から語彙学習に取り組み始めています。スマホの単語学習アプリで勉強してみたり、ボキャビルの本を買ってみたり。

色々と試してみて、改めて効果的な語彙学習の方法について色々と気付くことがあります。以前から感じていたことでもありますが、単語はやっぱり文章の中で覚える方がいい。単語だけで意味を暗記するような方法はテスト対策としては手っ取り早くて良いのかもしれませんが、短期記憶で終わってしまいがちだし、単語の用法もちゃんと理解できないことが多く、長い目で見るとプラスにならないように思います。

学生の頃から私は暗記が苦手で、単語本を使った学習は苦手でした。じゃあどうやって単語を覚えたかというと、基本的に長文の中で覚える。そうするとストーリーと共に覚えるので記憶に定着しやすいのです。単語だけ取り出して覚えるよりも長文の中で覚える方が、実際にどういう風にその単語が使われるかがわかるので理解も深くなる。手間がかかるようで実は効率的で効果的な学習法なんじゃないかと思います。

長文で覚える以外で学生時代の私がしていたのは洋楽の歌詞で覚えること。これはもはや私にとっては勉強ではなかったんですが(笑)、好きな曲の歌詞を覚えて歌って結果、単語も覚えるということが多々ありました。これはメロディーと共に覚えるので非常に覚えやすい。ただ気を付けないといけないのは、意味がわからなくても覚えてしまえるということ。それでは語彙数増えないので、歌詞の意味をちゃんとチェックすることが必要。

どちらの場合もストーリーと共に覚えるので、こうやって覚えた単語は記憶にしっかり留まり時間がたっても忘れません。面倒くさいようにも思えますが、これが一番の単語勉強法かと思います。丸暗記式で覚えた単語はどうも無味乾燥した感じがしてしまうんですが、こうやってストーリーの中で覚えた単語には生命が吹き込まれているように感じます。その方が単語が「自分のもの」になる。

ということで、やはり語彙力アップ、長文の中で覚える方向で地味にコツコツやっていこうと思います。アプリ学習も隙間時間を利用して続けていこうと思いますが、メインの学習は長文の中で、ちゃんと単語に生命を吹き込んで「使える語彙」を増やしていく。急がば回れで本物の語彙力を身につけていきたいです。


わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000