いい意味でのアグレッシブさが大事

日本で英語を勉強しても海外で英語を勉強しても、どちらでも言えることだと思いますが、上達したいと思ったらとにかくあらゆる機会を利用することです。受け身の学習ではダメ。私は学生時代も、仕事で英語を使うようになってからも、その時その時で自分に与えられた環境の中で英語を使う機会、学ぶ機会を使って自分の英語力を上げる努力をしてきました。


受け身の学習では英語力は上がりません。それは日本にいても海外に行っても同じ。 例えば海外に留学したとしても、もし自分の部屋に閉じこもって地元の人たちと交流することをしなければ、英語を話せるようにはなりません。もしくは日本人の友達とばかり一緒にいてせっかく海外に行ったのにその環境を生かすことができなければ、やっぱり英語はできるようにはならないのです。逆に、日本で勉強したとしても、その環境の中で英語を使う場面に出会ったらそれをどんどん利用することです。意識して英語環境を作っていくことが出来れば、海外留学が出来なくても、日本で英語力を上げていくことが出来るのです。


私は学生時代も仕事をするようになってからも、その時その時の環境の中で、できるだけの努力をしてきたつもりです。短大生の頃、大学に編入学してから、英会話スクールでスタッフとして働いていた時、そして英会話講師になってから、大変なことも一杯ありましたが、その時その時でいつも何か学ぶことがあり、自分の英語力を上げるチャンスがありました。もちろん上手くいかずに落ち込んだことも多々あります。でもそこで諦めずに自分にできる努力をして壁を乗り越えてきたから、今の自分の英語力があるわけです。


「やっぱり海外留学しないと英語は話せるようにならないよね。」そんなふうに思って諦めてしまったら英語が話せるようにはなりません。でも逆に、「日本でもできることがあるんじゃないか」そう思って前向きに取り組んでみたら、英語を使うチャンスが巡ってきたりします。そしてそのチャンスをしっかりつかむこと。でも、せっかく巡ってきたチャンスを見逃してしまう人もいます。今私は大学で学生たちに英語を教えていますが、もったいないなーと思う学生がたくさんいます。一方で、機会をしっかり利用してどんどん吸収していく学生もいます。学ぶ意欲を持ってる学生には私もどんどん教えてあげようと思います。逆にせっかく色々と伝えていることをどんどん取りこぼしていく学生もいます。上達するかどうかの分かれ目は、そんな意識の違いじゃないかと思います。


日本で英語を習得するコツは、とにかく自分から積極的に英語を学ぶこと、英語を使う機会を見つけていくこと、そして与えられた環境を最大限に生かしていくこと。そういう積極的で前向きな姿勢、ある意味でのアグレッシブさというのが不可欠じゃないかなと私は思います。

わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000