ネイティブみたいに話さなくていい

先日のブログ記事に書いたEnglish Journalの話の続きです。

日本人のネイティブ信仰についての記事もあって、これもとても興味深い。私も常々感じていることですが、どうして多くの日本人はネイティブのような英語を話せないといけないというふうに感じているのか。やはりネイティブの英語に対する憧れというのがあるのかもしれません。振り返ってみれば私もそうだったかもしれないし、今は翻訳の勉強もしているのでネイティブ英語に近付こうという努力はしています。それでも、英語を外国語として学ぶ日本人がネイティブと同じレベルに到達するということはほぼ不可能なことなんだとも思います。

私もずいぶん長いこと英語を勉強してきて、ネイティブの英語に随分と近づいてきているかなと思うことはありますが、やはりネイティブと同じレベルという風には思いません。例えば冠詞の使い方など、正直これはネイティブ感覚をつかむというのは難しいんじゃないかなと思っています。20年も英語を勉強していてもそうなんですから、学習を始めてまだ日が浅い学習者が、最初にネイティブを目指して勉強するのは現実的じゃない。お手本としてネイティブの英語を勉強するのは良いと思いますが、あまりそこにとらわれすぎてしまうと英語の学習はかえって上手くいかないという気がします。

それに今や英語はネイティブのものだけではありません。実際私が教えてきた生徒さんにも、「仕事で英語が必要なんだけど話す相手はノンネイティブのイングリッシュスピーカー」という方がたくさんいらっしゃいました。そんな人たちに英語を教える時に、「ネイティブはこんな風に言うんですよ」なんて言ってもナンセンスですよね。だって英語を話す相手はネイティブじゃないんですから。ということで、どんな姿勢で英語学習に取り組むかというひとつのポイントとして、「最初からネイティブを目指さない」、「ネイティブみたいに話さないと、という思いを手放す」ということは、英語上達への一つの大事なポイントなんではないかなと思います。

大切なのは自分が何のために英語を学ぶのか。コミュニケーションをとりたい相手がいるのなら、その人に自分の思いを伝えるために英語を学ぶ。完璧な英語でなくても、ちょっと位日本語なまりの英語でも、気持ちが伝わることがまず大事。逆にネイティブが使うからと言って馴染みのないスラング表現を使ったら、場合によっては相手の気分を害してしまうかも。こだわりたいのはネイティブみたいな英語ではなく、相手と気持ちよくやり取りが出来る英語。私はそこにこだわって英語を学習していきたいと思っています。


わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000