英検1級合格に向けて

試験対策をしようと思えば、英語力を磨くだけでなく試験の傾向に合わせた学習も必要になってきます。TOEIC、英検、TOEFLetc.みんなそれぞれにタイプが違う試験なので、それに応じた学習が必要。英検1級突破を目指そうと決めて私が取り組んだのも、この「試験対策」でした。つまり、「英検の問題を解くこと」です。

それ以前にも英検1級を受験した大昔に、英検対策の教材を購入してましたが、内容が古くて新しい英検に対応出来ない。ということで新しく教材を購入。私が買ったのはこちらの本でした。

過去問題集を買っても良かったと思うのですが、何故か選んだのはこちらの教材。理由は覚えてませんが、7日間で勉強しようと思ったのかもしれません。実際は7日で済まないんですが(笑)


一方で、英検対策をすると言っても、英検問題解くばかりでは面白くないですし勉強も続きません。それに、英語力を磨くためには普段から色んな学習をしておく必要があります。私の場合も、英検前の数ヶ月は英検問題を中心の勉強をしていましたが、それ以外は普通に自分が使いたい教材で英語学習をしていました。

前回の記事に書いたように、病気の治療も必要だったので、それを考慮しての受験計画を立てました。手術後、抗がん剤治療もあったので、取り敢えず辛い治療が終わって身体も気持ちも少しゆとりが出来たところで受験しようと、11月の受験を目標にしました。抗がん剤治療がスタートしたのが丁度年明け1月。治療のしんどい時期にはあまり追い込む学習はしたくない。なので年明け半年位は英検対策よりも好きな英語学習をしていました。

好きな洋書を読んだり、オーディオブックを聞いたり、YouTubeで動画を見たり。また、英会話スクールでレッスンを受けていたのもこの時期です。病院に行く以外に外出する場所を作った方がいいと思ったので、自分が勤めていたスクールでレッスンを受講することに。体調の悪い時は休みましたが、これが良い気晴らしにもなり、また良い勉強にもなりました。

内容はディスカッションやディベートみたいなことが中心。または、英文記事の内容を要約したり。思うように言葉が出てこなくてもどかしいこともありましたが、なかなか楽しかったし、これが結果として良い2次試験対策にもなったかなと思います。普段、仕事で英語を使っていても、限られた内容の話ししかしないので、色んなトピックで英語で意見を言えるように練習するのは大事ですね。

今振り返ってみると、そうやって色んな英語に触れて、読む、聞く、話す、(書くはあまりしていなかった)ということをしていたことで、全体的な英語力がついて、1級合格につながる実力が培われていたんじゃないかと思います。そこに「英検のための勉強」が加わることで、合格に繋がっていったんじゃないでしょうか。

さて、今日はここまで。また次回、英検1級対策として取り組んだこと、どう戦略を立てたのかといったことを書いてみようと思います。




わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000