1級合格のための戦略

前回の更新から2ヶ月以上も経ってしまいました。消え入りそうなブログになってますが(笑)、久しぶりに更新してみます。英検1級の話しの続きです。


英検1級合格に向けて学習を始めて、練習を問題を解いていく中で、自分の弱点・強みが段々と見えてきました。ある程度わかっていたことではありますが、やはり語彙問題で点数が取れない。一方、読解問題ではそこそこに点数が取れる。苦手を克服しようと語彙学習に取り組んでみましたが、そもそも単語を覚えるのが苦手なので、すぐにギブアップしてしまいました。

そこで、思い切って語彙で点数を稼ぐことを諦めて、得意を生かす戦略に切り替えてみることに。私にとってスコアアップの可能性が高いのが長文問題とリスニング問題。ここで点数を積み上げて、語彙問題で足りない部分を補う。エッセイライティングはそこそこの点数で良しとする。これでトータルスコアで合格点に到達すれば合格できるんじゃないかと。

語彙学習は一応するのはしましたが(出来るに越したことはない)、そこに重点を置くよりも、得意な読解とリスニングで満点に近い点数を目指す方針に切り替えました。この方が私にとって現実的。

そのためには英検の問題に慣れることが必要。これまでTOEICは定期的に受けていたので、問題の形式や時間配分などわかっていましたが、英検はそこがまだわからない。TOEICの感覚で英検問題を解くと上手くいかないことが練習問題を解いていてよくわかったので、アプローチの仕方や時間配分などの「英検のコツ」をつかむ必要があります。

そこで、練習問題を使って、本番の際の時間配分を決定。語彙問題は、考えてもわからないものはわからないので、時間をあまりかけずに全部で10分位。長文穴埋めはそれぞれ10分程度。長文読解も同じくひとつ10分を目安にする。最後の長文は長いので15分位。残りの時間でエッセイを書く。大体25分位。そして出来れば、少し余裕を持って仕上げて、リスニング問題の設問や選択肢を読んで準備をしておく。

あくまで「理想」の配分なので、その通りにいかなくても大丈夫。でも、自分の中で「大体これくらいの時間で解こう」という目安があると、ペース配分がしやすくなります。ちなみに、英語講師の仕事で授業プランを立てる時も、時間配分はとても重要。新しい仕事を引き受ける時は、必ず最初に時間配分などのレッスンプランを立ててから初回レッスンに挑みます。プラン通りに行かないことも多々ありますが、ある程度プラニングしておくと落ち着いて授業を進行できます。

事前の準備をしっかりしつつ、それでいて、予定通りに進まなくても慌てないで柔軟に対応する。仕事でも、試験でも、同じですね。

そして、完璧を目指さない、というのも共通して大事なポイント。英検も、全問正解を目指すわけではなく、合格を目指すのであれば、自分の得意不得意を心得て、自分なりの学習プランを立てるのが良いと私は思います。


わたしの英語学習法

学生時代から現在まで20年以上にわたる英語学習の軌跡。今も現在進行形で学習中。

0コメント

  • 1000 / 1000